おすすめ情報

毎日30分!無料のおすすめ英会話学習とは?

  1. HOME >
  2. おすすめ情報 >

毎日30分!無料のおすすめ英会話学習とは?

Hello everyone!😄

突然ですが、英語は好きですか?🤔

英語というと、次のような人が多いのではと思います。

ニンジン
学校では勉強したけど。。
会話となると、難しいのよね。

私もこんな感じでした。
しかし、1つだけ言えることは、私は英語がとっても好きでした😄

今回は、私の経験を踏まえた、おすすめの英会話学習ツールをご紹介したいと思います。

私の英語マスター経験

まず、私の経験を少しご紹介します。

私の場合は、まず英語というよりも、洋楽を聞いたり、洋画を見て、好きなアーティストや俳優のセリフをよくモノマネしていたんです。

洋楽は、歌詞は理解できないのですが、何回も聴くことで音として耳で覚えたり、洋画については、何度も同じ映画を繰り返し見て、セリフを覚えたり。

なので、英語という意識がなく、洋楽、洋画に憧れて、たまたま、それが英語だったという順番でした。

英語の勉強は中学から始まりましたが、学問としては決して好きではなく、どちらかというと、仕方なくやってました😅

特に文法。みなさんも、嫌ではなかったですか?

トマト
確かにS,V,Oとか言われても、なかなか頭に入ってこなかったね

こんな感じで、勉強としてはそれなりで、特別な興味もなく、これで話せるようになるとは思えませんでした。

ただし、英語への強い憧れはあったため、なんとか英語を話したい気持ちはずっとあったんです。

そこで、英会話教室に行ってみました。

すると、それはそれで楽しかったのですが、結局は、他の日本人生徒とのクラス形式なので、そこから英語がバリバリ話せるようになる気はしませんでした。

あと、お金もそれなりに掛かりますよね🤔

そんな中、”転機”が訪れました💡

進学した大学に一年間の奨学金の留学制度があることを知ったんです。

調べてみると、一年間の学費他を払ってくれて、留学先で取った単位も認めてもらえ、4年で卒業出来るという最高のプログラムでした。

これだ~!と思いました🌈

そこで、早速、合格条件であったTOEFLを受けて、お陰様で、候補者の中で最高得点を取ることができ、複数の学校の中から、私に選ばせてくれたんです👍

そこで、私は「英語を話せるようになること」が目的だったので、出来るだけ、日本人の少ない学校を選びました。そこは、アメリカ南部の大学でした。

この留学中の体験談は、また追々ご紹介しますね😁

簡単に言うと、留学先はこんな環境でした。

アメリカ人のルームメイトとの寮生活

✅現地新入生を対象としたクラブに参加


✅現地人とのグループワークに参加(調査/分析/企画/プレゼン)


✅授業は完全に現地人のクラスで、日本人は私だけ

✅必ず授業で発言しなければいけない(もちろん英語😅)


✅学校全体で日本人は10人以下

これ、結構、過酷だと思いませんか?
ほとんど話せなかった私が、この環境に放り込まれたわけです😱

その結果、私は英語で話せるようになったのか?

YESです!!!

日常会話はまったく問題なく、滞在後半時は夢を英語で見るようになっていました👍

そして何よりも英語が話せるようになっただけではなく、私自身がアメリカ人になった感覚でした。

つまり、アメリカにどっぷり浸かり、私の性格もより積極的になり、明るくオープンになっていました🌈

トマト
その後、英語はどうなの?
帰国すると忘れるのでは?

みなさんも、そう思いますよね?

私もそこを心配していました🤔

帰国後、就職し、英語をなかなか話す機会はなかったのですが、不思議と英語は忘れないんですね。

単語レベルでは忘れることはありますが、発音やリスニングといったベースや感覚は今でも残っているんです。

なので、あとは日本にいても、色々なメディアを使った自己学習で言い回しやボキャブラリーを増やしていくことで、ブラッシュアップ出来るんです。

私の経験から見えてくる英語マスター術

私の経験を振り返ってみると、英語マスターのためのポイントが見えてきます。
つまり、このポイントに尽きると思います。

”自分を英語で話さないといけない状況に追い込む”

私の場合は、留学という機会を頂けたのですが、仮に留学したとしても、現地で日本人と日本語を使っていたり、現地人と触れ合う機会が少なければ、実現しなかったでしょう。

従って、決して留学が解決策ということではなく、その機会をどう活かすかがポイントだと思います。

さらに、ここから見えてくるのは、

”英語は学問ではなく、生活するための道具である”

ということだと思います。

ある時、私はルームメイトに日本の受験勉強で使った単語帳を見せたことがあったのですが、そこに書かれている単語はほとんど使っていないと一蹴されたのを覚えています😱

今まで、一体何を勉強していたんだ~と衝撃でした。

ただ、確かに、現地で生活していて、それ程、難しい単語は使っていないんですよね。

なので、英語は学問ではなく、とにかく言いたいことをどんどん発していくことが重要なんだと思います。

トマト
でも、留学はしないと英語はマスター出来ないんですよね?
とはいえ、簡単には留学出来ないし。。

このように心配される人もいるかと思います。

確かに、出来ることなら、留学や現地で働くといったように現地で生活することがベストだと思います。

ただし、そういう機会もなかなか限られると思うので、次に、日本にいても英語を言葉として学べるツールをご紹介します。

おすすめ英会話学習ツール

ここでは、私が使っているおすすめの英会話学習ツールをご紹介します。

その前に、おさらいです。

英語マスターのためのポイントはこれでしたね。

・自分を英語で話さないといけない状況に追い込む

・英語は学問ではなく、生活するための道具である

なので、日本にいて

とにかく日本語を忘れて、自分を英語漬けにする環境を作る

ためのツールを2つご紹介します。

まずは、とにかく英語のシャワーを浴びるツールです。

つまり、これで自分を英語空間に没入させます。

🟧AFN (American Forces Network

内容


日本駐留の米軍による米軍のためのラジオ放送です。音楽とニュースが中心。


・おすすめ理由


アメリカのラジオ放送局なので、アメリカ人が普段使っている生の英語が聴けます。


・私の使い方


とにかく聴いて、耳を英語に慣れさせています。車の運転中にはラジオ、在宅時は
インターネットで掛け流しています。

・利用方法


-ラジオはAMラジオの810キロヘルツ


-インターネットはここをクリック↓


次に、AFNで英語に耳を慣れさせた上で、ボキャブラリーや言い回しを学ぶためのツールとして、このYouTubeチャネルをご紹介します。

🟧Speak English With Vanessa

・内容


アメリカ、サウスカロライナ州在住のVanessaが色々と日常生活で必要となる
テーマを設定し、時には、夫のDanやまだ小さい子供達も登場する、アットホーム感満載の英会話レッスン番組です。

さらに、ちゃんと学びたいという人向けには有料レッスンも提供されているようです。ちなみに、私はYouTubeのみです。

・おすすめ理由

アメリカにホームステイしている感覚で、日常生活でアメリカ人が普段使って
いるボキャブラリーや言い回し、発音を学ぶことが出来ます。

特に、なかなか普通の英語教材では扱っていないような所をピックアップして
くれるので、とても実用的で役立っています。

例えば、自分の車を使って、車の中の一つ一つの物の呼び名や言い回しを
紹介したり(例えば車のフロントガラスはwindshieldってなかなか出てこないですよね?)

また、子供とキッチンでクッキーを作る回もあったりと。このナチュラル感
が英語を勉強しているというよりも、現地で生活している感覚にさせてくれます。

まさに、英語マスターのためのポイントである言語は生活するために使うもの
の感覚を作るのに適しています。

・私の使い方


自分が知りたいテーマの回を選んで、ボキャブラリーや言い回しを増やしています。

・利用方法


こちらをクリックして興味のある回をチェックしてみて下さい。


ご紹介した回はこちらです↓



まとめ

では最後のまとめです。

🟥英語をマスターするためのポイント

・自分を英語で話さないといけない状況に追い込む

留学すれば英語をマスターできるわけではない。


留学の機会を活かして、自分を英語漬けにすることが重要

・英語は学問ではなく、生活するための道具である

🟥おすすめ学習ツールと利用方法

この2つのツールの私のおすすめの利用方法はこちらです。

・AFN (American Forces Network)


⇒こちらは、運転、通勤途中、家事等をしながら流して聞いて(英語のシャワー
を浴びて)、英語に慣れる目的

・YouTubeチャネル ”Speak English With Vanessa”

⇒こちらは、1日に1回(30分)視聴し、英語のリスニング、ボキャブラリー、言い回しを覚える目的です。1回当たり、平均30分以内なので、毎日継続して視聴し、フレーズを自分でリピートしてみましょう。動画なので、もちろん、分からない時は戻って再度見たり、既に分かっている所は早送りも出来ます。

いかがでしたか?

今回は私の実体験を踏まえた英語マスターのポイントとおすすめ学習ツールをご紹介しました。

少しでも、英語が好きな人、英語を伸ばしたい人の参考になれば嬉しいです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました😄

Enjoy English!

-おすすめ情報