おすすめ英語学習

【英語初心者】一刻も早く英語を使いたい社会人のおすすめ勉強法

  1. HOME >
  2. おすすめ英語学習 >

【英語初心者】一刻も早く英語を使いたい社会人のおすすめ勉強法

英語初心者でも安心してください!

このページでは、いよいよ仕事で英語を使えないとまずい~!といった社会人の方におすすめの英語勉強法を紹介します

こんな人に読んでほしい!

  • 「英語はとても無理!」とあきらめている
  • 就職に備え、英語を使えるようにしておきたい学生
  • 仕事で英語を使う必要のある社会人
  • 英語を自分のキャリアの大きな武器にしたいと考えている社会人
キューリ

簡単にわたしの自己紹介

こんな人物

・日本で生まれ育った100%日本人

・学生時代の学校英語には興味もてず

・もともとアメリカ好きで海外の音楽・映画・ドラマに興味

・大学の時に奨学金でアメリカに1年留学

・IT企業で20年以上、海外事業を担当(欧米、中南米、アフリカ、アジア、中華圏)

・2022年4月より海外駐在@香港

わたしの海外留学については、こちらのページで詳しく紹介していますので、参考にしてみて下さい。

あわせて読みたい

【英語力アップ】実際に体験した海外留学のおすすめ秘訣

突然ですが、海外留学をすれば、誰でも英語を話せるようになると思っていませんか? 英語を話せるようになるためには、自分を英語漬けにする環境が必要。 なので、その方法は海外留学が一番早道 みなさん、こう思 ...

続きを見る

では本題です

今回はこちらの著者の三木雄信氏が書いている超高速PDCA英語術で紹介されている勉強方法を紹介します

 

キューリ

著者の三木氏は以前、ソフトバンクで孫社長の秘書として海外出張や外国人経営者との会議に同行していたとか

想像しただけでも、相当大変だったのでしょうね

そんな三木氏がどんな勉強をして英語力を上げたのかがとても気になって本を購入

とても実践的で、分かりやすく紹介されています

では紹介していきますね

著者が英語上達のためにしたこと

日本人は英語の学習量が圧倒的に足りない

著者の三木氏は1年で1000時間の学習を実行

1週間で20時間 

1日に約3時間

そして、著者はネイティブを相手に仕事で英語を使いこなせるようになったと

では、著者はどんな学習をしたのか?

その学習法が著書の超高速PDCA英語術です

著者は、最初は受験勉強の英語レベル(読み書き)だけで、聞く・話すのコミュニケーションスキルはほぼゼロ

ポイントは、学生時代に習った英語知識はけっして無駄ではなくて、語彙や文法の力はある程度身についている

ただ、圧倒的に足りなかったのは音を認識する力とされています

そこで、シャドーイングとフレーズ暗記をしたと

著者は映画を教材として使い、ただし、自分の仕事のテーマに近い映画を選択

これにより、仕事で使えそうな言い回しやフレーズを覚えたと

そして、通勤時間に映画の音声を聞きながらシャドーイング

著者がしたことは、すべてのセリフを丸暗記するくらいに、1本の映画を徹底的に何度も聞いたとか

そして、並行して話す練習をしたと

シャドーイングで音は認識して、口に出して真似るようにはできるようになる

しかし、自分が言いたいことを頭の中で組み立てて、文章にして話すことはできないので、別のトレーニングが必要

そこで、フレーズ暗記を実行

著者の英語学習目的は、仕事上、企業買収や新規事業立ち上げのプロジェクトで、海外投資銀行やビジネスパーソンとの交渉で英語を使いたいというものでした

なので、交渉でよく使うフレーズを丸暗記して、口からスラスラ出る方法を考えたとか

丸暗記すれば、いちいち頭の中で文章を組み立てる必要がないだろうと想定

ネイティブの会話速度に後れを取ることもないだろうと

そこで、書店で交渉で使える言いまわしが1冊にまとまった本を見つけて、本に掲載のフレーズを何度も口に出して練習して丸暗記

さらにネイティブとの会話練習を入れて、平日は英会話の早朝レッスン

平日朝7:30-8:30の毎日、ネイティブ相手にアウトプット練習をしたとか

その結果、ネイティブとの仕事でも、相手の言うことはすべて聞き取れ、言いたいことも言えるレベルに向上

この経験を体系化したものが超高速PDCA英語術ということなんです

現在、著書の三木氏は会社(トライオン)を設立して、TRAIZ(トライズ)という英会話スクールを展開し、著者の経験に基づいたメソッドをプログラムとして提供しています

日本人に圧倒的に欠けているもの

著者は、日本人に欠けているのは、英語力ではなく、英語運用力であるとしています

日本人はすでに、義務教育で十分な英語力を身に付けている

英単語は中学・高校で3000語 

これは基礎的な会話や読み書きを十分できるレベルですと

文法も、中学・高校でほぼすべて網羅

今の時代に必要なのは、英語を即時に使いこなす力

日本人は必要な単語や文法は頭に入っているけど、それを瞬時に組み立てて、自分が伝えたいことをアウトプットするのが苦手

知識はインプットされているけど、それをコミュニケーションの手段として運用する力が欠けている

なので、本当に英語を使える英語を身に付けたいなら、英語運用力の強化が必要

これからの仕事では、ネイティブと対面でコミュニケーションする機会が飛躍的に増える

議論についていって、発言機会を逃さないためには運用力が欠かせないと

アメリカ国務省の政府職員向けの研修機関(FSI)によれば、こちらのとおり、日本語習得には2200時間の学習時間が必要と言われています

アメリカ国務省公式サイト

なので、日本人はすでに中学・高校で1000時間分の学習を終えているので、あと半分の1000時間が習得時間とするのが妥当だと著者は言っています

ただし、これを2,3年かけるのではなく、1年で短期集中することをすすめています

オックスフォード大学では、日常で話すには3000単語で十分と言われている

その3000語は、オックスフォード大学出版局のウェブサイトThe Oxford 3000に掲載されている

オックスフォード英語辞典では18.5万語が掲載されているけど、その解説はたった3000語でされているとか

なので、たった3000語をまずは覚えれば、それ以上の単語は無理して覚える必要はないと著者は言っています

そして、日本人はその大半をすでに中学・高校で覚えているということ

つまり、日本人に必要なのは、覚えた単語や文法を組み立てて、アウトプットする力

これが英語運用力ということなんです

英語運用力を身に付けるために必要なこと

英語運用力を身に付けるためのヒントとして、ソフトバンクの孫さんの例が紹介されています

孫さんの英語は決して流暢ではありませんが、ロジカルに、結論から、ゆっくりと簡単な英語で話していると

自分の意見をはっきりとわかりやすく伝えることで、説得力が出てくると

そして、分からないことは、ちゃんと聞いて確認する

完璧である必要はまったくなし

そのうえで、聞く・話すのスキル向上のためには、聞いて、即時に文章を組み立てるスキルが必要

プレゼン用に原稿を丸暗記は簡単

質疑応答で聞かれたことをすぐ答えるところが苦労するところ

つまり、聞く+話すの一体化スキル

聞くだけ、話すだけでは双方向のコミュニケーションにはならない!

即時にがポイント

頭の中にある単語や表現を瞬時に引き出して、知っている文法を使って組み立てる必要がある

なので、まず、発音は捨てて文章組み立てを優先して学習する

聞く+即時に構文にして話すだけに絞ることがカギと著者は言っています

そのうえで、やることはこの3つだけです

やることはこの3つ!

シャドーイング

まず1つ目はシャドーイング

シャドーイングとは、耳から聞こえてくる音声を少し遅れて追いかけながら、マネして口に出す練習法

これで、コミュニケーションに必要な土台をしっかり固めます

とにかく徹底して音をマネること

具体的な方法は著書のなかで、このように紹介されています

🟤最初は音声のみ

🟤そのあと、字幕で聞き取れなかったところを確認

🟤フレーズを完璧にマネして言えるようになるまで何度も繰り返す

これによって音声認識ができるようになるそうです

ツールはTEDがおすすめとされています

TEDではいろいろな分野のプレゼンを見れるので、自分の仕事の分野に合った分野の動画がおすすめです

つぎのおすすめツールは映画

なぜなら、実際に日常で使わている自然な生の英語を聞けるからですよね

映画は1作品に絞って、場面ごとに区切り、そこのセリフを何度もシャドーイングするとよいそうです

超高速英作文

つぎに、超高速英作文です

これは、頭の中にある単語や表現を瞬時に引き出して、知っている文法を使って組み立てる力を付けることが目的

さらに、ポイントはゼロから文章を組み立てず、よく使う基本的なフレーズは丸暗記して使う

なぜなら会話の時は時間がないからです

著書で紹介されているおすすめ教材はこちらです

これ以外の教材を選ぶときにも、長い文章や言い回しは即時に文章を組み立てる目的には適さないので、シンプルで短いフレーズを集めた教材がおすすめとされています

双方向の会話

ここまでは一人で行う学習法でした

さいごは、いよいよ仕上げの双方向の会話による学習です

目的は実際の仕事で外国人と会話することなので、相手と双方向で会話する練習が必要になります

双方向で会話しながら、相手の反応や態度に合わせて、自分が持っている単語や表現を使いながら、意思疎通を図ろうとすることがまさに目指す英語運用力と紹介されています

会話で相手に伝わらないときに、別の表現を使ったり、もっと短くにシンプルに言ったり、試行錯誤して文章を組み立てることが話を組み立てる力を身に付けます

そこで、著者のおすすめは英会話スクールのTRAIZ(トライズ)です

トライズは1年で英語をマスターできる学習完全サポートプログラム

おすすめされている理由はこちら

トライズのおすすめ理由

🔵著書で紹介されているメソッドそのものがスクールのプログラムになっている

🔵いつでも、好きな時に行ける英会話学校では続かなくなる

🔵トライズに入ると、学習時間と場所が固定される

🔵ビジネス経験のあるネイティブスピーカーがいる

🔵受講生の仕事や業務内容に沿った実践的なコミュニケーションを提供

なかなか、自分一人で1年で1000時間かけて英語力を身に付けるのは自信がないという人には、このスクールに入れば、しっかりカリキュラムが組まれているので安心ですよね

トライズでは、著者が実行した内容と同じの、1日約3時間の学習、週2回のオンラインレッスン、週1回のグループレッスンでアウトプット練習を受けられるとか

忙しい社会人も多数受講していて、学習の継続率は91%で、受講1年後には、英語圏での生活に困らない英会話力を身に付けていると紹介されています

日本人はすでに義務教育で多くの知識をつけているので、英語運用力を身に付けるには、その眠っている知識をうまく引き出してくれる相手が必要とか

つまり、受講生の話に耳を傾けて、適切な反応を返す講師が求められると

そこで、トライズは「知識をどう使えばよいのか」を受講生本人に考えてもらうコーチング型のアプローチを実践しているそうです

実際にトライズのレッスンを1年受けた場合の効果をこんな感じで紹介されています

トライズレッスン効果

🟠1~3か月目(音声知覚期)

 耳から入ってくる英語の音声が知覚できるようになる期間

 英語のニュースを見たり、ネイティブ同士の会話を聞いて音は聞き取れ、マネはできる。しかし、意味は分からない

🟠4~6か月目(意味理解期)

 英語の意味が理解できるようになる期間

 映画やドラマを字幕なしで見ても、何を言っているかわかる受講生も出てくる

 ただ、意味は理解できるけど、思うように英語のセンテンスが口から出てこない

🟠7~9か月目(自動化準備期)

 自分の言いたいことが自動的に口から出てくるようになるための頭の回路ができはじめる期間

🟠10~12か月目(完成期)

 スピーキング・リスニングともに自動化が完成する期間

 VERSANTのスコアが大きく伸びる

著書の中では、実際の受講生の1年間の毎月のVERSANTスコアの推移も掲載されています

キューリ

VERSANTはこのあと紹介しますね

トライズではグループレッスンを提供していて、レッスンのメンバー同士がよい仲間になっていて、情報交換も行っているとか

英語学習は孤独になり、悩み、落ち込んだりしがちなので、ゴールや気持ちを共有できる仲間がいると大きな心の支えになりますよね

トライズについて、くわしくはこちらのTRAIZ(トライズ)公式サイトをチェックしてみてください

もちろん、いまはオンライン英会話などのツールもあるので、自分にあったツールを選ぶのもいいと思います。

オンライン英会話の選び方については、こちらのページでくわしく紹介していますので、参考にしてみてください

あわせて読みたい

【2022年】英語初心者がビジネスで英語を使うためのおすすめ勉強法

突然ですが、みなさんは、最近職場でこんな風に感じていませんか? 仕事でいよいよ英語を使えないとまずいかも。。 でも、英語なんて使えるようになるとはとても思えない。。 いったいどう勉強すればいいの??🤷 ...

続きを見る

VERSANTで成果をチェック

以上の方法で学習をしながら、上達度をチェックするのに適しているのがVERSANのテストなんです

著書では、TOEICのスコアが高くても、リアルタイムでネイティブと交渉できる能力を求められる仕事では問題なく英語を使えないのが現状と言ってます

著者はTOEICは英語の基礎力を測るもので、VERSANTは英語運用力を測るものと整理しています

VERSANTは在日アメリカ大使館でも採用試験の審査基準の一つとして、採用されているツールだそうです

そして、著書の中で、TOEICとVERSANTのスコア相関グラフが掲載されていて、それを見ると必ずしもTOEICでハイスコアを取っていても、VERSANTではハイスコアではないことが分かります

例えば、900点台のTOEICスコアを持つ人の中で、VERSANTを受けると、30点以上のスコアの開きがあったり。

逆に800点台のTOEICスコアを持つの方がVERSANTスコアが高いというデータが紹介されています

つまり、TOEICのスコアが高いからといって、必ずしもスピーキング力が高いとは言えないと

近い将来、会社の昇進や採用基準でTOEICに代わって、VERSANTが採用される可能性もあるかもしれません

キューリ

たしかに、これからはVERSANTも会社では受験必須になるかもしれませんね😅

では、VERSANTとはどんなテストか?

VERSANTとは、ロンドンに本部を置く世界最大規模の教育サービス会社Pearson社が開発した英語のスピーキング力とリスニング力を同時に測定するコミュニケーションテストです

こちらの動画で1分でわかりやすく紹介されています

VERSANT公式サイトより

VERSANTでは、高度な自動音声認識システムを採用されていて、パソコンやスマホがあれば、いつでもどこでも受験ができます

テストは、ネイティブが話す自然なスピードの質問を聞いて、口頭で回答する形式

聞かれたことを瞬時に理解して、応答する力を測定します

キューリ

こんな感じです

TOEICとはまったく違いますよね

出題数は63問で試験時間は約20分

トレーナーを見つける方法

🟤音読(8問)記載されている文章を読む

🟤復唱(16問) 音声で流れた文章を復唱する

🟤質問(24問) 質問で使用された単語を使って回答する

🟤文の構築(10問) 3つの単語リストを聞いて、その単語を使って文章を作って答える

🟤話の要約(3問) 短い物語を聞き、30秒で自分の意見を要約する

🟤自由回答(2問) 簡単な質問に対して、自由に回答する

テスト終了後、数分後にはスコアレポートという結果を見ることができます

スコアは総合点のほか、「文章構文」「語彙」「流暢さ」「発音」の4つのスキルごとに採点されるので、自分の弱点を把握できる

フィードバックコメントもあり

スコアは20~80点で採点される

たいてい、30点台からスタートだとか

英語圏での勉強や日常生活に困らないレベルは45点前後

なので、最終目標は45点がおすすめと著者は言っています

トライズではVERSANTを毎月1回受けるとのことですが、スコアの変化を見るためには3か月に1回程度でもよいと。

受験料は1回の受験につき5000円(税別)

VERSANTのスコアをどれくらい取れると、実際の仕事でどれくらいできるようになるのかはこちらでなんとなくイメージできます

VERSANT公式サイトより

まとめ

では、さいごのまとめです

キューリ

今回は、いよいよ仕事で英語を使えないとまずいという社会人の方向けに、著者の三木雄信氏が実際の経験に基づいて体系化された超高速PDCA英語術を紹介しました

 

キューリ

ポイントはこちら

🟠読み書きは義務教育を受けているので、すでに十分に知識を持っている

🟠仕事で実際に英語を使うために求められるのは聞いて、即時に文章を組み立てるスキル

🟠つまり、英語力ではなく英語運用力が必要

🟠英語運用力を身に付けるために必要なことは3つ

 ①シャドーイング

 ②超高速英作文

 ③双方向の会話

🟠VERSANTテストを受けて英語運用力を上達度を測定する

🟠英会話スクールのTRAIZ(トライズ)は、このメソッドが適用された1年で英語をマスターできる学習完全サポートプログラムなので、独学が不安な方にはおすすめ

キューリ

いかがでしたか?

ソフトバンクの孫社長の秘書として外国人と交渉できるレベルまで英語運用力を身に付けた著者の実際の経験だけに、とても実践的なメソッドですよね

ぜひ、このメソッドを参考にして英語運用力を高めましょう!

キューリ

とはいえ、今すぐ英語が必要という方のために、ビジネスでよく使われるお役立ちフレーズをこちらで紹介していますので、参考にしてみて下さい

キューリ

また、ツイッターでもこのように、わたしの日々の英語学習の工夫や気づきを発信していますので、参考にしてください

さいごまで読んでいただき、ありがとうございました!😄

Enjoy Engish!

-おすすめ英語学習